プロミスでキャッシングするには、申し込みをした後に契約をする必要があります。その契約のためには、いくつか必要になる書類があります。

本人確認のための書類

借入希望者が本人であることを証明するために、身分証明書を提出する必要があります。

ここで用いることのできる身分証は、運転免許証、パスポートの2点です。

なお、外国籍の方の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書、外国人登録証明書が必要となります。

また、これらに記載されている住所と現在住んでいる住所が異なる場合には、現在住んでいる住所を証明できる、以下のような書類のコピーが必要です。
・国税や地方税などの領収書、請求書、納税証明書
・社会保険料の領収書、請求書
・公共料金(電気、ガス、水道、NHKなど)の領収書、請求書
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
いずれも、発行から6カ月以内のものが有効とされています。

収入を証明するための書類

借り入れを希望する本人に返済能力があることを証明するために、収入に関わる必要書類を提出必要がある場合があります。

収入を証明する書類の提出が必要なのは、以下の場合です。
・借入の希望額が50万円を超える場合
・借入希望額と他社で利用残高の合計が100万円を超える場合
上記条件に該当する場合は、次の書類の中から1点(いずれも、最新のモノ)を提出する必要があります。
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がない会社に勤務の場合は直近2ヶ月の給与明細書を用意します。

これらは、借り入れの契約には必ず提出する必要書類となりますが、借り入れの申し込み方法や契約方法により、その提出方法が異なります。

WEB申し込みの場合は、申し込みをした後に、これらの必要書類を指定されたメールアドレスにメールで送付して、契約することができます。

郵送や来店での契約を希望する場合には、必要書類の原本やコピーの提出により、契約することができます。